危険な添加物

化粧品の中に危険な添加物が含まれていることもあります。それらが含まれているものはできるだけ避けるようにしてください。そうしないと、化粧品の保湿成分の効果が阻害されてしまうかもしれません。

たとえば界面活性剤が含まれているものがあります。こちらは皮膚の表面にある角質層まで壊してしまいます。その結果として肌荒れや乾燥肌になってしまうことがあるのです。肌トラブルの原因となってしまうため、敏感肌の方は注意しましょう。アルキル硫酸エステルナトリウムやアルキルエーテル硫酸エステルナトリウム、ポリオキシンエチレンアルキルエーテルPOERといった成分は要チェックです。

保湿成分の中にも注意しなければいけないものがあります。それはジエタノールアミンやプロピレングリコールといったものです。これらは一時的に潤い効果をもたらしてくれるのですが、最終的には肌トラブルの原因となる可能性があります。そのため、できるだけ避けるようにしてください。

基本的には添加物がほとんど含まれていなくてシンプルなものを利用しましょう。そうすれば、化粧品に含まれている成分の影響を避けることができるのです。そのような安全性の高い化粧品を使うようにしてください。
保湿成分は重要

危険な添加物

リンク集

サイトマップ